東京の子供英会話スクールBEST5 いまママたちに選ばれている東京の子供英会話をピックアップ!
HOME » 頼れる子供英会話スクールの選び方 » 子供英会話が就職や受験にも役立つ4つの理由

子供英会話が就職や受験にも役立つ4つの理由

このところ子供英会話への注目が高まっています。英語ができることで、将来の選択肢が広がることが期待されているからです。

子供英会話で大学入試が有利になる

ただレッスンを受けただけでは駄目ですが、子供英会話によって英語ができるようになれば、その先にある大学入試に有利であることは間違いありません。

1. 英語の比重が高くなっている日本の大学入試

大学入試といえば、まずはセンター試験です。このうち、外国語は配点が200点ですが、英語の配点はヒアリング50点を加えて他より高い250点です。

つまり、子供英会話で身につけたものを役立てるチャンスがあります。

また、現在のセンター試験は、多数の私立大学にも利用されていますので、より可能性が広がります。

 

2. 英語の配点が高い私立大学

私立大学の入試における英語重視は無視できないレベルです。たとえば、早稲田大学法学部の場合、2017年度の要項によれば、一般入試の配点は英語60点、国語50点、地歴公民40点となっており、英語の比重の高さがわかります。しかも、英語の内容がコミュニケーション英語と英語表現となっています。これだけでも、子供英会話が役に立ちそうです。

グローバル化が避けられない時代では英語が必須に

これからは英語の時代だといわれてから何十年が経ったでしょう。中学から英語を学んでいても、英会話ができる日本人はそれほど多くありません。しかし、今も昔も世界中で使えるのは英語です。逆にいえば、英語・英会話ができることは大きなアドバンテージになるのです。

3. 英語を使えることが戦力として必須となる企業が増える

企業がグローバル化するにつれて、ビジネスパーソンにも英語のスキルが求められるようになっています。海外への出張や赴任などワールドワイドな活躍ができる人材を想定するなら、英語は必須といえます。このため、子供英会話が就職を有利にする可能性があります。

4. 外国人受け入れが進めばより英会話が必要に

グローバル化が進むと、これまでは日本語だけで仕事ができた企業においても英語力が必要となり得ます。経済対策としての外国人観光客の受け入れや、人口減少対策としての海外からの労働力の流入など日本国内がグローバル化する可能性があるためです。仮に、移民を受け入れることになれば、英語の需要が爆発的に増えるかもしれません。

このように、あらゆる企業への就職で、子供英会話が役立つ可能性があります。